ザ・塾通い

ザ・塾通い

進学塾の授業スタイル

多くの進学塾は大人数の授業スタイルをとっています。
一般の学校と同様に時間が決まっていて、その時間までに教室に着席します。塾によって着席システムは異なっており、成績順であったり、自由席であったりします。
塾を選ぶ際はそのシステムと自分の性格との相性を考えることも必要かもしれません。時間になると講師の方が授業を始めます。進行の仕方は講師の方によって異なります。
塾指定の教科書で問題をあらかじめ指定して起き、その答え合わせと解説をしたり、英語長文を頭から解説していったり、歴史を時代の流れに沿って板書したりと様々です。
そのため、同じ教科、教材でも、大きな違いが生じます。授業を取る前にどの講師の方がどんな風に教えるのかリサーチしておくとよいでしょう。
授業終わると講師の方は教室から出ていかれますが、ほとんどの講師の方は校舎内のフロントのようなところや、講師の方用のスペースに戻られます。
なので、質問があれば講師の方を訪ねることもできます。

学習塾の形と授業の考察

現代社会は多くの学習塾があり、授業の形から個別指導と集団指導に分けられます。それぞれにメリットがあり、デメリットもあります。
子どもに合った授業を行い、子どもの能力を最大限の伸ばしてくれることが理想です。近頃は個別指導塾が増えています。
個別指導のメリットは子どもの面倒をきめ細かに見てくれ、分からないところは徹底的に教えてくれる点です。また、フレンドリーな雰囲気で先生とコミュニケーションがとれるところです。
集団指導塾のメリットは個別指導塾に比べると授業料が安く、友人ができ、お互いに切磋琢磨しながら自分の能力を伸ばすことができます。競争しながら仲間もでき連帯感がうまれます。
それぞれの子どもの意見や考えがわかるようになります。チームワークを自然に授業の中で学ぶことができます。先生の指導力や学習の緊張感は集団指導で強く発揮されることになります。
子どもの個性を親は見極め、学びの場を提供することが大切です。

Favorite

カリモク60

最終更新日:2018/2/23