お金を借りて学校に行かせることになるの??

専業主婦がお金に困るのは、子供が中学校に進学してからなのです。

それまでとは打って変わって、お金が飛ぶように出ていきます。いくばくかの貯金はあっという間に底をついてしまうのです。そうなると困ってきてしまうのがお金です。お金のねん出先です。
お祝い事もあるわけではないので、親からお金ももらえません。さらに、親まで年を取ってくるので、財布のひもは固く、子供にまでおこずかいもくれなくなるのです。

それどころか、親から無心されることまであります。もちろん、お断りします。自分の親ではなく、夫の親なので、様子が分からずに、自分たちの贅沢のために必要だったりするからです。
そう考えると、小学校の時代に贅沢しないで、貯金をしておいたらどんなに良かったかと思います。小学校は本当に費用が安いです。学校の経費だけなのです。
主婦がお金に困ってくるのはこのころからです。食費のやりくりではどうしようもないほどです。働き口までない場合は、借金も視野に入れなければならないでしょう。教育ローンもありますね。

私たちの住んでいる大阪ではこういったところでお金を借りることができるようです。

大阪でお金を借りる※ネット申込みで来店不要・低金利ローン会社

小さい子供さんがいる専業主婦のご家庭では、危機感なく過ごされているようですが、団塊ジュニア世代だと、もう、お子さんが3歳になるころには、優雅に専業主婦はできないのではないかと思います。物価は上がるし、夫の給料が少なくなります。家を購入するなど、夢のまた夢です。
家も売却しないといけなくなります。子供に恥をかかせるわけにはいかないので、スマホは買い与えないといけないし、月々の費用が高いです。何よりも、住宅ローンの利息が払えません。住宅ローンさえなければ、利息は払うことがないのです。そう思うと、住まいは別に賃貸でもいいということになるのです。見えないところを削減するしかないのです。
何よりも、親からの援助がなくなるのがきついです。親がいる人とそうでない人では生活レベルが違ってきます。懐具合が違います。子供用のポケットが2しかありません。

借金をしながらの生活なんて思ってもいなかったです。本当に貯金をしておくことって大切ですね。。

これからの生活を今まで以上に見直していかないといけないです。贅沢なんてしているつもり全くないのですが、小さな無駄もあるかもしれないですから”(-“”-)”

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>