私立・国立 医学部の学費はいくらかかるのか?

子供をお医者さんしたい、子供がお医者さんを目指している。
このような場合、必ず通らなければならない道があります。それは、大学の医学部へ入る事です。

医学部に入り、6年間医療について勉強し、医師免許を取得しなければなりません。当然の事ですが、医学部に入学できたからといって、絶対に医師免許を取得できるといった訳ではありません。

大学の医学部に入るまでも沢山の勉強をしなければなりませんし、大学に入学後もそれ以上の勉強が必要となります。

医者になるには、本当に長く大変な道のりがあるんです。

ちなみに、医学部は4年制ではなく、6年制となっています。それだけ、多く医学について学ばなければならない、という事ですね。

一般的に大学生活は楽しい、ってイメージがあるかもしれませんが、医学部は全く別物と考えた方がいいでしょう。
医学については、大学入学後一から学ぶことになるので、他の学科とは勉強する時間・量も断然多くなるんです。

そして、医師国家試験に合格すれば、ようやく医者になれるんです。ただ、医者になったからそれで終わりでありません。医者の場合、日々進歩し続ける医療の勉強も必要ですし、技術も学んでいかなければなりません。

医者は給料も高いし、儲ける。って漠然なイメージがあるかもしれないですが、それだけ大変な思いをしているという事も知らなければいけませんね。

ちなみに、大学の医学部に入る場合の入学金・授業料はいくらぐらいかかるのか?これから子供を医学部に入学させようとお考えの方、お医者さんになってほしいと思っている方は気になるところですよね。

そこで、医学部に入った時の学費などについて説明します。

まず先に言っておきますが、医学部の学費は相当高額となっています。6年制なので通常の大学よりも高いのは当たり前なんですが、1年あたりで比べても、他の学科より高くなっています。

ただ、国立大学の医学部の場合はとても安いです。他の学科と変わらないぐらいの学費です。6年間で約350万円ぐらいしかかかりません。

国立の医学部は極端に安いんです。その為、入学希望者が多いので競争率は非常に高いです。

では私立の大学医学部の学費はどれぐらい必要になるのか?
私立大学でも各大学によって大きく違いがあります。例えば、順天堂大学や慶応義塾大学の医学部は、6年間で約2200万円ぐらいの学費が必要になります。

2200万円、凄いですよね。国立と比べたら何倍も高くなります。ただ、この金額は私立大学では安い方なんです。
高い大学だと、帝京医大や川崎医大の約5000万円といった学事が必要な大学もあるんです。

とにかく私立の医学部は学費が高いです。それに必要なのは学費だけではありません。一人暮らしをする場合の家賃や生活費、など色々とお金がかかってきます。

とにかく、私立の医学部は学位が高くて大変です。医学部に入っているだけで、「お金持ち」と思われるのはこのような現状があるからだと思います。

ただ、お金に余裕があればいいんですが、さすがに誰もが払える額ではないですよね。中には、学費が払えずローンでお金を借りてやりくりしている方も多くいます。

参照:学費払えない

子供が医者を目指している、親としては凄く嬉しい事なんですが、金銭的に考えるととても大変な事なんです。
どうにか頑張って国立の大学に入学できるように祈りたいところですね。

まぁ、無事医者になれば、生活も安定し収入もふえるので、先行投資と考えたらいいのかな…とも思いますけどね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>