私立・国立 医学部の学費はいくらかかるのか?

子供をお医者さんしたい、子供がお医者さんを目指している。
このような場合、必ず通らなければならない道があります。それは、大学の医学部へ入る事です。

医学部に入り、6年間医療について勉強し、医師免許を取得しなければなりません。当然の事ですが、医学部に入学できたからといって、絶対に医師免許を取得できるといった訳ではありません。

大学の医学部に入るまでも沢山の勉強をしなければなりませんし、大学に入学後もそれ以上の勉強が必要となります。

医者になるには、本当に長く大変な道のりがあるんです。

ちなみに、医学部は4年制ではなく、6年制となっています。それだけ、多く医学について学ばなければならない、という事ですね。

一般的に大学生活は楽しい、ってイメージがあるかもしれませんが、医学部は全く別物と考えた方がいいでしょう。
医学については、大学入学後一から学ぶことになるので、他の学科とは勉強する時間・量も断然多くなるんです。

そして、医師国家試験に合格すれば、ようやく医者になれるんです。ただ、医者になったからそれで終わりでありません。医者の場合、日々進歩し続ける医療の勉強も必要ですし、技術も学んでいかなければなりません。

医者は給料も高いし、儲ける。って漠然なイメージがあるかもしれないですが、それだけ大変な思いをしているという事も知らなければいけませんね。

ちなみに、大学の医学部に入る場合の入学金・授業料はいくらぐらいかかるのか?これから子供を医学部に入学させようとお考えの方、お医者さんになってほしいと思っている方は気になるところですよね。

そこで、医学部に入った時の学費などについて説明します。

まず先に言っておきますが、医学部の学費は相当高額となっています。6年制なので通常の大学よりも高いのは当たり前なんですが、1年あたりで比べても、他の学科より高くなっています。

ただ、国立大学の医学部の場合はとても安いです。他の学科と変わらないぐらいの学費です。6年間で約350万円ぐらいしかかかりません。

国立の医学部は極端に安いんです。その為、入学希望者が多いので競争率は非常に高いです。

では私立の大学医学部の学費はどれぐらい必要になるのか?
私立大学でも各大学によって大きく違いがあります。例えば、順天堂大学や慶応義塾大学の医学部は、6年間で約2200万円ぐらいの学費が必要になります。

2200万円、凄いですよね。国立と比べたら何倍も高くなります。ただ、この金額は私立大学では安い方なんです。
高い大学だと、帝京医大や川崎医大の約5000万円といった学事が必要な大学もあるんです。

とにかく私立の医学部は学費が高いです。それに必要なのは学費だけではありません。一人暮らしをする場合の家賃や生活費、など色々とお金がかかってきます。

とにかく、私立の医学部は学位が高くて大変です。医学部に入っているだけで、「お金持ち」と思われるのはこのような現状があるからだと思います。

ただ、お金に余裕があればいいんですが、さすがに誰もが払える額ではないですよね。中には、学費が払えずローンでお金を借りてやりくりしている方も多くいます。

参照:学費払えない

子供が医者を目指している、親としては凄く嬉しい事なんですが、金銭的に考えるととても大変な事なんです。
どうにか頑張って国立の大学に入学できるように祈りたいところですね。

まぁ、無事医者になれば、生活も安定し収入もふえるので、先行投資と考えたらいいのかな…とも思いますけどね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

その日に借りたい場合

スピーディーな即日融資を希望したいという際には、家庭のパソコンやタブレットを使うか、スマートフォンまたは従来型の携帯電話を使えばスピーディーに処理できます。カードローンの会社が用意したページから申し込んでいただくことが可能です。参考・・・その日に借りれるキャッシング
キャッシングの申し込みをすると、自分の勤務先に業者から電話が来るのは、どうやっても避けることができないのです。一般的には「在籍確認」といっていますが、先に提出済みの申込書に記載した会社などに、間違いなく働いていることを確かめる必要があるので、申込んだ方の勤め先に電話をかけているのです。
他より融資の際の利率が高いこともあります。そういった大切な項目は、詳しくキャッシング会社によって違うポイントなどを事前に調べて、用途に合うプランのある会社で即日融資のキャッシングを使うというのがいいと思います。
見た限りでは小額(数万から数百万円くらいまで)の融資であり、比較的簡単に用立ててくれるという仕組みになっているものは、キャッシング(サービス)またはカードローン(サービス)という名前を使っているものを目にすることが、相当数あると考えています。

多くのカードローンを使うなら即日融資することも可能です。ですからその日の朝カードローンの申し込みをして、何事もなく審査に通ったら、同日午後のうちに、カードローンからの新たな融資を受けていただくことが可能な流れになっています。
高くても低くても金利を何が何でも払いたくないというのであれば、融資後最初の一ヶ月は金利を払わなくてもいい、見逃せないスペシャル融資等がしょっちゅう開催中の、アイフル、プロミスなどが有名な消費者金融会社からの即日融資で借りることを考えてみてください。
誰でもご存知のアコムやプロミス、銀行などが中心になって設立したモビットなど、あちこちのCMなどで日常的に見てご存知の、超大手の場合でもやはり便利な即日キャッシングの対応が可能で、手続した日のうちにお金を渡してもらうことが問題なく行われます。
最近多いキャッシングやカードローンの取扱い会社に申し込んで、必要な資金を融資してもらえることになってお金を貸してもらうことになるのって、これっぽっちもまずいことじゃないんです以前とは違って最近では女性のみ利用可能な女性にはありがたいキャッシングサービスも評判です。
小口貸付が専門の消費者金融会社の、即日融資の融資までのスピードは、他に類を見ないほどの速さなんです。ほとんどすべてのケースで、当日午前にちゃんと申し込みができて、融資のために必要な審査が滞りなく終わったら、当日の午後にはお望みの額面を融資してもらうことができるのです。

これまでに、事情があって何らかのトラブルを引き起こした方については、さらなるキャッシングの審査を通ってお金を借りていただくことは決してできないのです。従って、キャッシング希望の方は過去も含めて記録が、きちんとしてなければ通りません。
ないと思いますが当日に入金されるわけだから即日キャッシングっていうのは、きちんと審査が行われるとはいっても書類の内容を確認するだけで、申込んだ人間のこれまでの現況についてしっかりとチェックできないはずだとか、実際とは異なる思い込みをしていませんか。
利用しやすいカードローンの審査が行われて、借りたいという金額が少額で、仮に20万円だったとしても、利用者の持っている信用度によっては、カードローン会社の判断で100万円とか150万円といったかなり大きな金額の上限額が設定してもらえる場合もあるとのこと。
様々なカードローンの会社が異なれば、少しは違いがありますが、各カードローン会社が慎重に審査項目どおりに、申し込んだ人の希望どおりに、本当に即日融資が間違いでないか確認して融資を実行するのです。
あまり間を空けずに、たくさんの金融機関に、連続で新規キャッシングの申込をしたような状況は、不足している資金の調達にそこかしこで資金の融通をお願いしているような、不安を与えてしまうので、その後の審査でかなり悪い方に働いてしまいます。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

貯金は子供の教育資金です

私の家では、子供の教育資金として貯金をしています。その子供というのは、3人いるので、一人2000万円として計算して、貯金をしました。
それを貯金できたのは、私が働いた分を貯金にすることにしたからです。そのことから、私の働いた分のお給料や、ボーナス等をすべて、貯金をすることにしたのです。
しかし、その後に私が病気をして、途中で貯金をすることができなくなっています。
今は、主人の収入だけで生活をすることになっています。

している貯金には手を付けたくなかったので、私が職を失ってからの数か月、どうしても生活費が足りなくなった時は、生活費を借りて生活することもありました。

その貯金をした分は、子供にいると思っていますので、もっと貯金として蓄えたかったと、少し残念な気持ちになっています。
その残念な気持ちになっているというのは、私の主人の老後資金として、もっと貯金をしておきたかったと思っているのです。
その老後資金として貯めたいと思ったのは、子供たちに迷惑をかけたくないと思っているので、自分たちでもしものときもすべてしたいと思っているからです。
そしてそのためには、ある程度のお金を必要とするので、その分を貯金出来ずに困っています。
もしも私の体の調子がよくなったら、すぐにでも働きたいと考えています。そして少しでも老後の暮らしのために、これからもっと貯金をして、安心して暮らすことができるようにしたいです。
老後にいくらのお金が必要なのかわかりません。そのことからも、お金があって邪魔になることはないので、出来るだけ貯金をしておきたいと思っているのです。
子供は、面倒を見てくれると話をしていますが、大変な病気になったり、なにが起きるかわからないので、働けるうちに働いて、少しでも蓄えとしてもっておきたいと思っています。
主人も退職をした後も働くつもりでいるようです。夫婦で、困らないように生活設計を立てて、今後のことを考えています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする